タクシードライバーになるための必須スキルとは

タクシードライバーになるための必須スキルとは

お客様を目的地にまで最短経路で送り届けるのがメイン業務であるタクシードライバーにとって、求められる必須スキルにはどんなものがあるでしょしょうか。世の中のニーズは年々と変化しており、タクシーに求められるものも例外ではありません。オーソドックスな紙地図や最新の電子機器など、様々なアイテムやスキルを駆使する能力が要求されるようになってきています。

紙地図に精通することが基本となる

タブレットやスマホの台頭によって、電子地図を手軽に格安で利用できるようになりましたので紙地図の需要が減っていると感じているかもしれません。しかし、紙地図にしかないメリットがあり、タクシードライバーにとっては、地理に詳しくなるためには紙地図を使いこなせる能力は必須スキルと言って良いでしょう。現在位置から目的に行くまでの経路を瞬時に判断して、運行計画をイメージする必要がありますので、全体像を一枚で把握できる紙地図がとても役に立つからです。紙地図なら詳細地図への切替えもページをパラパラとめくるだけですので、紙地図に慣れていると電子機器を操作するようも素早く目的地を探せるようになります。ただし、電池図にもメリットがありますので、双方を上手に使い分けることも大切です。

紙地図だけでなく電子地図への適応も必要

スマホやカーナビを操作して参照できる電子地図にも、使い慣れておく必要があるでしょう。グラフィカルな地図情報や見やすく工夫された住宅地図などを利用することで、経路確認しやすくなります。機種によっては周辺の写真を表示することで、より要所の様子を把握しやすくなっているものもあり有用です。また、各種施設の情報と有機的に結び付けて適切なタイミング施設情報が提示されたり、渋滞情報と関連付けたルート案内をしたりと電子機器ならではの機能を使いこなせるようになることも必須スキルとなるでしょう。特に初心者タクシードライバーや不案内な場所での運行の際に、役立てることができます。

外国人の客にも柔軟に対応したい

海外のお客を乗せる機会も増えてくる傾向にありますので、日常会話程度はできることが望ましいと言えます。英会話は苦手という方であっても、最低限のコミュニケーションをとれるように、日本語と英語の例文が描かれている指差しシートなどのアイテムを駆使するのも良い方法です。苦手意識をもって対応すると、悪い印象を与えかねませんので誠実に対応することが大切です。昨今はスマホの機能が向上しており、リアル・タイムで音声を翻訳するアプリを利用することも可能になってきており、外国人の方とのコミュニケーションもしやすくなってきています。いざという時に慌てずに対処できるように、あらかじめしっかりと準備をしておくことが肝要です。

まとめ

タクシードライバーに求められるスキルは、社会情勢によって変化してきており、スマホやカーナビの電子地図を駆使できることが望ましいと言えます。もちろん基本となる紙地図を併用してそれぞれのメリットを活かすことが大切です。また外国人へ対応するために、英会話スキルを磨いたりコミュニケーションツールをあらかじめ用意しておくことも必要でしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

タクシー運転手でもしっかり稼ぐコツとは
タクシーで稼ぐためのノウハウを教えて
タクシーで稼ぐ人はこんな人
タクシーで稼げる場所5つを教えて
タクシーで稼げる時間帯ランキング
タクシー運転手は稼げるのか?
lコミュ力の高いタクシードライバーは稼げる?
タクシードライバーに必要な接客技術のつけ方
未経験でもタクシードライバーとして稼ぐことはできますか?
月収30万円のタクシードライバーはこんな人
タクシーで一日最高どれくらい売り上げを上げることができるの?
タクシーで稼ぐには休憩時間も上手に使うことがコツでした
タクシーで稼ぐには?休憩場所を見つけるコツが知りたい
タクシーで稼げない人はこんな人です
新人タクシードライバーが稼ぐには?今日からできる5つの事とは
タクシードライバーの年収はどれくらい?
たくさん稼げるようになりたい!タクシーで売り上げアップのコツとは?
タクシードライバーの歩合はどれくらい?
タクシードライバーの手取りは平均どれくらい?
タクシーで夜勤をした際の給料はどれくらい?
タクシーで日勤をした際の給料はどれくらい?
タクシードライバーの給料の仕組みとは?
タクシードライバーには欠かせない、道の覚え方のコツを教えて
タクシーの一日の売上ノルマはどれくらい?