新人タクシードライバーが稼ぐには?今日からできる5つの事とは

新人タクシードライバーが稼ぐには?今日からできる5つの事とは

タクシードライバーとして活躍したい人にとって、会社任せや会社頼りにするだけでは足りない部分を補うことで、収入が見込めます。そのためには何が必要であるのか、ポイントを知ること、試してみることも大事です。

観察してくれば見えてくる人の流れ

新人のタクシードライバーが不利と言われる理由は、流し営業が基本となるためで、稼ぐには5つの能力がポイントになります。まずは観察力や洞察力で、その時々で人の流れをイメージすることが必要になります。例えば、華の金曜とも言われる曜日の夜は、飲み屋街で飲酒する人、コンサートホールなどのイベントに訪れるなど、人で溢れる現象が起きます。商業エリアやその近辺の道路、駅や空港などの地理をしっかり理解しておくこともポイントです。道路状況が変わるタイミング、昼と夜では大いに異なりますから、稼げる曜日にどこへ向かうべきなのか、観察は必須です。

乗客を増やすためには記憶すること

稼ぐには、地理的問題からも記憶力や分析力も必須と言え、応用することも可能です。利用した乗客の情報を保有することで、同じ乗客を度々、同じ場所や時間で乗せることもあります。業界用語で色待ちと言われるように、タイミング良く乗れることでお気に入り、ファンとなって利用してくれます。また新人は、地理をインプットするにも、どこでどんな人が待っているのか、こうした分析することも必要です。曜日だけではなく時間帯、稼げた場所を細かく情報として記憶し、そこから自分なりの稼げるルートを出してみることで、ドライバーとしての感も磨かれていきます。

常にお客目線でルートを選ぶことができる

新人タクシードライバーが稼ぐには、大手会社への就職が重要で、回転率の良い場所へと案内してくれます。面倒見がいい所では、ソーシャルネットワークで情報を共有したり、アットホームな環境が魅力です。技術や接客などは、常に乗務員には求められており、新人が稼ぐには向上心も必要です。何事も追求する人は成功しやすいと言われる業界でもあります。業務中でも、様々なことを試し、質を高めるベテランも少なくはありません。例えば、普段通らない場所でお客を捕まえてみたり、最短ルートとして使い分けたい抜け道を調べてみたり、どんどん新しい知識を増やす向上心も大事です。付け待ちは回転率には繋がりにくい場合もあります。ドライバーは1日におよそ30人の乗客を乗せるため、こうした基礎を構築させるだけで安定して稼ぐことができます。

まとめ

新人研修では指導できないこともあり、稼ぐには優れた能力を発揮させることにあります。向上心や記憶する力、洞察力など、今日から実践できることばかりで、基礎を踏まえるだけで、安定や予想以上の稼ぎ方に繋がります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

タクシー運転手でもしっかり稼ぐコツとは
タクシーで稼ぐためのノウハウを教えて
タクシーで稼ぐ人はこんな人
タクシーで稼げる場所5つを教えて
タクシーで稼げる時間帯ランキング
タクシー運転手は稼げるのか?
lコミュ力の高いタクシードライバーは稼げる?
タクシードライバーに必要な接客技術のつけ方
未経験でもタクシードライバーとして稼ぐことはできますか?
月収30万円のタクシードライバーはこんな人
タクシーで一日最高どれくらい売り上げを上げることができるの?
タクシーで稼ぐには休憩時間も上手に使うことがコツでした
タクシーで稼ぐには?休憩場所を見つけるコツが知りたい
タクシーで稼げない人はこんな人です
タクシードライバーの年収はどれくらい?
たくさん稼げるようになりたい!タクシーで売り上げアップのコツとは?
タクシードライバーの歩合はどれくらい?
タクシードライバーの手取りは平均どれくらい?
タクシーで夜勤をした際の給料はどれくらい?
タクシーで日勤をした際の給料はどれくらい?
タクシードライバーの給料の仕組みとは?
タクシードライバーには欠かせない、道の覚え方のコツを教えて
タクシードライバーになるための必須スキルとは
タクシーの一日の売上ノルマはどれくらい?