タクシーで稼ぐには?休憩場所を見つけるコツが知りたい

タクシーで稼ぐには?休憩場所を見つけるコツが知りたい

タクシードライバーとして稼ぐ人はどうやって休憩場所を探しているのか気になるかもしれません。コツとしては、疲労回復と情報交換です。仮眠をとるならより疲労回復に適したところで、食事なら情報交換しやすいところを選びます。

面倒でも営業所に戻って休憩をする

タクシードライバーの働き方は様々です。一般的なサラリーマンのように平日の昼間だけの人もいますが、夜間やや長時間働く人もいます。安全運転をするためにも疲れた状態ではいけません。そのために休憩が取れるようになっています。稼ぐドライバーが休憩場所をどうやって探すかのコツを知っておくと良いでしょう。多くのドライバーが使うのが営業所に戻る方法です。それぞれの営業所によって設備は異なるものの、仮眠室などがある所であれば横になって寝ることができます。営業所なので自社の敷地内に車を駐車できるので、違法駐車や駐車料金を気にする必要もありません。

休憩ができる路肩を営業区域で探しておく

タクシー会社では、営業所ごとに一定の営業区域を決めています。もちろんお客さんの希望で区域外に出ることもありますが、基本的には区域内でお客さんを探します。稼ぐためには休憩を効率的に取る必要があり、休憩場所の確保が大事になります。コツとしては、疲れたら休憩できる体勢にしておくことでしょう。疲れた状態で運転をしていると余計に疲れ、その後の休憩でも疲れがとりにくくなります。区域内で休める路肩を探しておきます。車の量が多いところだと休むのが難しいですが、公園の周辺で車の少ないところだと休めるところがあります。先輩などに聞くと教えてくれることもあります。

美味しい食べ物が食べられるお店で休憩

タクシードライバーとして仕事をするとき、いろいろな休憩をします。夜勤や長時間勤務の時には仮眠をとることもありますが、それ以外に食事などの休憩もあります。稼ぐドライバーの中には、休憩場所を見つけるコツを持っている人がいます。美味しいものが食べられるお店が狙い目としてよく利用するようです。確かにドライバーの中には隠れた名店を知っている人が多いです。メリットとして他のドライバーとの情報交換ができる点があります。美味しい店は自然に同業者が集まります。その日の情報や最近の情報などを交換して、互いに売上向上ができるような取り組みをします。

まとめ

タクシードライバーは稼ぐ必要がありますが、上手く休憩場所を見つけるコツを持っていないと効率的に稼げません。仮眠をするのであれば営業所や路肩等で行います。それ以外に食事の美味しい店なども情報交換場所として大事なところです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

タクシー運転手でもしっかり稼ぐコツとは
タクシーで稼ぐためのノウハウを教えて
タクシーで稼ぐ人はこんな人
タクシーで稼げる場所5つを教えて
タクシーで稼げる時間帯ランキング
タクシー運転手は稼げるのか?
lコミュ力の高いタクシードライバーは稼げる?
タクシードライバーに必要な接客技術のつけ方
未経験でもタクシードライバーとして稼ぐことはできますか?
月収30万円のタクシードライバーはこんな人
タクシーで一日最高どれくらい売り上げを上げることができるの?
タクシーで稼ぐには休憩時間も上手に使うことがコツでした
タクシーで稼げない人はこんな人です
新人タクシードライバーが稼ぐには?今日からできる5つの事とは
タクシードライバーの年収はどれくらい?
たくさん稼げるようになりたい!タクシーで売り上げアップのコツとは?
タクシードライバーの歩合はどれくらい?
タクシードライバーの手取りは平均どれくらい?
タクシーで夜勤をした際の給料はどれくらい?
タクシーで日勤をした際の給料はどれくらい?
タクシードライバーの給料の仕組みとは?
タクシードライバーには欠かせない、道の覚え方のコツを教えて
タクシードライバーになるための必須スキルとは
タクシーの一日の売上ノルマはどれくらい?